乳酸菌が身体や腸のために良いとい

乳酸菌が身体や腸のために良いとい

乳酸菌が身体や腸のために良いというのはみんな知っています。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果はあまり期待できないのではというふうに思っている人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、身体の健康づくりにとても効果的です。

私が便秘になったのはなぜかというと、運動不足のせいなのでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、あまり歩く事もありません。犬などのペットがいるわけでもないので、散歩にも行きません。
そういった理由で、私は便秘なのだと考えています。

便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。

娘のインフルエンザ対策の接種に通院しました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射を接種しています。
予防接種の後は怖かったーと口にしていました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。
何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。ほんと毎朝摂っています。

ずっと、頂いているうちに、最近、便秘が良くなってきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも なくなっちゃいました。

現在ではポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは同じなのですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る能力があるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。
このごろは、様々な感染症の話を聞くので、摂るといいかもしれません。最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でもお腹に効力を発揮するといわれているようです。内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活発になり体の中に溜まっていた便が出されやすくなります。その為、便秘や下痢が緩和されます。乳酸菌を常用することで腸を整える効果が強まります。肌がキレイになると知って、味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品らしいのです。

乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。
これではちょっと恥ずかしい思いです。乳酸菌を必要以上に多く摂取しても副作用を心配することはありません。

ところが、身体に良いにしてもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性があるのです。

体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。夜中に高熱になって、40℃ほどまで上がって体調が悪化したので、病院にかかりました。結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと考えました。
乳児がインフルエンザになったら、きわめて大変なことに至ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、そうなると命を失うことも考えられるでしょう。
インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを連れださない方が利口かもしれません。

PR:生命の乳酸菌が腸内フローラを整え、便秘やアトピーに効果があるって話

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です